Hello World!

実務未経験からWebエンジニアを目指す人間の積み上げ帳

『Railsチュートリアル』を改めてやってみた(〜1.2.2まで)

 

Ruby on Railsを無料で勉強できるサイトの一つに『Ruby on Railsチュートリアル』があります。

(略して『Railsチュートリアル』)

 

railstutorial.jp

 

実は一度、最後まで読んだことがあるのですが、

 

  • 読んだだけ(コードを書いていない)
  • 後半部分がいまいちわかっていない
  • 演習問題を解いていない

 

などなど、けっこう中途半端でした。

そのため、今度は手を動かしつつRailsチュートリアル2周目をやっていくことで、理解を深めたいと思います。

 

今日の進捗

 

今日は"1.2.2 Railsをインストールする"まで進めました。

ここまでの内容は、以下の通りです。

 

 

やったこと

 

  • 開発環境の作成
  • 開発環境のインデントの設定変更(インデント:4→2へ)
  • Railsバージョン5.1.6のインストール

 

Railsチュートリアルの1周目でAWS Cloud9とHerokuの登録だけはしていたので、今回はAWS Cloud9で"Create environment"から「rails-tutorial」という名前の環境を作りました。

 

それ以外は、基本的にRailsチュートリアルに書かれている手順通りにやっています。

 

演習問題を解いてみた

 

Q1. Ruby on Railsで使うRuby gemはどのWebサイトにありますか?ヒント: 分からないときはとにかくググりましょう。

 

A1. ググりましょうとのことなのでググりました。以下のサイトですね。

 

rubygems.org


Q2. 現時点でのRailsの最新バージョンはいくつですか?

 

A2. こちらもわからないので、Ruby on Railsの公式サイトを確認。

現時点での最新バージョンは、2019/3/28リリースのRails 5.2.3です。

 

rubyonrails.org


Q3. Ruby on Railsはこれまでに何回ダウンロードされたでしょうか?調べてみてください。

 

A3. A1で見つけたサイトにダウンロード数の記載がありました。

現時点で178,389,767ダウンロードとのことで、1億超えとはすごいですね。

 

rubygems.org

 

まとめ

 

今日はそこまでたくさんのことはしていません。

これからコードを書いていくことになるので楽しみです。

 

アウトプットのためにブログを始めました

 

Webエンジニアになるために勉強を始めたはいいものの、インプットばかりになってしまっている自分に気づきました。

 

インプットも大事ですが、アウトプットも大事。 

ということで、アウトプットのためにブログを書くことにしました。

 

 

このブログを書く理由

 

なぜ書くのか?

理由は大きく分けて5つあります。  

 

  1. 勉強した内容の定着を図るため
  2. 言語化の練習
  3. 自分のための備忘録
  4. 努力の跡を残すため
  5. 初心を思い出すため 

 

以下で、少し詳しく説明していきます。

 

1. 勉強した内容の定着を図るため

 

書籍やサイトで勉強していると、わかった気になってしまうことが多々あります。 

でも、いざその技術を使う場面に遭遇してもなかなか使うことができなかったり、そもそも覚えたはずの内容も忘れてしまっていたり......。 

そういった残念な状況から脱出したいという想いから、インプットだけではなく、アウトプットも習慣化したいと考えました。 

 

学びを自分の言葉でアウトプットする場合、【インプット→自分の頭で考えてまとめる→アウトプット】のような流れで、一旦自分の頭で考えてまとめたり要約したりする力が必要です。

ブログでのアウトプットを通じて自分の頭で考えることで、うやむやだった知識が整理されて知識が定着するのを期待しています。 

 

2. 言語化の練習 

 

私が自分で自覚している短所として、説明が下手くそというのがあります。

これには大きく分けて以下の2つの理由があると考えています。

 

  1. 説明する対象に対する理解が足りない(知識不足)
  2. 言語化能力が乏しい

 

1. 説明する対象に対する理解が足りない(知識不足)

 

こちらは言葉通りの意味ですね。

りんごを知らない人間が、他者にりんごのことを説明することができないように、説明する対象に対する知識が足りなければ、他者に伝えられる情報量は当然少なくなります。

 

こちらの対策については、インプットに加えて「1. 勉強した内容の定着を図るため」で説明した、アウトプットによって知識を増やしていくことが大切だと考えています。

 

2. 言語化能力が乏しい

 

私は頭の中で理解していても、いざ言葉として人に伝えようとしたときにうまく言葉にならないということが往々にしてあります。

適切な言葉への変換が即座に行えず、頭の中でぐるぐるしているような感じ、とでも言いますか......。

 

ブログのアウトプットは自分の頭の中にあるものを言語化する作業ですので、そこの部分の練習として活用していきたいという考えですね。

 

3. 自分のための備忘録

 

ありがたいことにネットや書籍には、今現在自分がつまずいたり、やりたいと感じていることを実現するための情報がたくさん存在します。

しかし、膨大な情報の中からいくつかの情報を参考にしてなんとか解決できたものの、再度同じ状況になったときにまた最初から調べ直して......となってしまうことが度々あります。

 

特にエラー対応などでは、自分の環境要因でエラーをうまく解消できないことなどもありますので、解決に至る方法や経緯を記録に残しておかなかったばっかりに、後々泣きを見ることも多いです。

 

要するに、未来の自分のために、調べる手間は極力省きたいということですね。 

 

4. 努力の跡を残すため

 

努力の跡を残す理由は主に2つあります。

 

  1. 自信をつけるため
  2. 転職活動のため

 

1. 自信をつけるため 

 

私は”対”自分自身のことになると、わりとネガティブな人間です。

精神的に落ち込んでいると、周りと自分を比較して落ち込んでしまったりしてしまうんですよね。

そういったときに、『自分のやってきたことなんて......』と卑下してしまう未来がなんとなく想像がつきます(なんせ自分のことですので......)。

 

人はいざ我が身を振り返ったとき、自分の身になることが何一つ残っていないことほどつらいことはありません。

そのため、努力の証明を目に見える形で残すことで、「自分はこれだけやってきた」とポジティブにいられるよう、将来の保険をかけておきたいという気持ちがあります。

 

2. 転職活動のため

 

エンジニアの中途採用では即戦力が求められていることが多いです。

そのため、実務経験が数年以上あることが前提条件の求人が多く、逆に未経験OKの求人は少ないです。

 

未経験OKの求人を出している企業の場合、応募者のポテンシャルや熱意などを見ることになります。

しかし、インプットのみの努力というのは目に見えにくいため、口頭で説明してもなかなか理解されにくいです。

 

そのため、自分でアプリやサイトを作ったという実績や、ブログやQiitaでの情報発信など、目に見える形で提示することが重要であると考えています。

私自身、ブログでアウトプットをしていることで、少しでも転職活動でプラスに働けばありがたいという想いもあったりします。

 

5. 初心を思い出すため 

 

最初は楽しくて始めたことであっても、つらいことに直面すると嫌になってしまったり、いわゆるマンネリ状態になってしまったりします。 

万が一そうなったときに、このブログを読んで初心を思い出せるようにしたいです。

 

それから、「何がわからないかわからない」状態ってあると思うんです。

私は要領が良いほうではなかったので、何度も「何がわからないかわからない」状態に陥ってきました。

でも、わかる人からすればきっと、「なぜそんなこともわからないのか?」って思うようなことなんですよね。

 

初心者の気持ちがわかるのって、初心者のときのことをちゃんと覚えている人だけなんです。

もし自分が今後、自分の知識を誰か(初心者の人、専門知識が少ない人)に伝える立場になった際に、そういう人の目線に立ってわかりやすく伝えられるようにしたいなぁという想いもあったりします。

 

なので、このブログは「Webエンジニアになりたくて勉強始めたけどわけわからん」状態になっている自分のような人向けに、できるだけわかりやすく書いていきたいと思っています。

 

このブログの内容(予定)

 

このブログでは以下のような内容を書いていこうかと思っています。

 

  • 勉強やインプットで得た学び
  • エラー関連(エラーを解消するための過程など)
  • オリジナルアプリ作成の試行錯誤の過程
  • 備忘録・メモ

 

他にも思いついたことがあれば追記するかもしれません。

 

まとめ

 

そういうことで、ブログ始めました。

 

どうせアウトプットするなら自分以外の誰かの役に立ってくれたら嬉しいなぁと思いつつ、まずはアウトプットを継続できなければ本末転倒なので、継続は力なりで頑張っていきたいと思います。